白髪の全体染めと部分染めについて

白髪が生えてくると、何となく老けた印象になってしまって嫌ですよね。思い切って白髪染めで染めてしまった方が、気持ちもスッキリするものです。ただ、白髪染めは髪や頭皮には負担が大きいので、気をつけなければいけません。

一般的に白髪染めといわれているのは白髪染めヘアカラーですが、ヘアカラーは髪の色を一旦抜いてから色素を入れるので、とても刺激が強いのです。出来れば2〜3ヶ月は間隔をあけて使った方が良いでしょう。とは言っても髪の毛はどんどん伸びてきますから、段々と白髪が目立ってきてしまいますよね。

そんな時は部分染めをすると良いでしょう。全体染めを何回も繰り返すと前回染めた部分への負担が大きくなってしまうので、伸びてきた部分だけを染めて髪への負担を減らすのです。

初めて白髪染めをする時やしばらく白髪染めをしていなかった時、全体的に色落ちが感じられる時などは全体染めをしますが、その間は伸びてきた部分だけを部分染めします。全体染めに適しているのは液状や泡状の白髪染め、部分染めに適しているはクリーム状の白髪染めといわれています。

ただ、私はクリーム状のものだと頭のてっぺんや後頭部が塗りにくいので、部分染めの時も泡状の白髪染めを使っています。残った分を取り置きしておき、次回も使えるタイプのものはとても便利です。シエロのムースカラーやサロンドプロの泡のヘアカラーは取り置きが出来るので助かります。

どうして白髪になる? 白髪になる理由 続き 全体染めと部分染め


Copyright © シエロのムースカラー 体験談 All rights reserved