シエロのムースカラーを使ってみました

白髪染め方法白髪染めを自宅でやる人が増えてきています。使いやすい市販の白髪染めが増えてきたこともあるでしょうし、やはりこの厳しい世の中、なるべく安くあげたい!という人も増えてきたからでしょう。私の周りでも、自宅で白髪染めをしている人は多いです。

最近では、市販の白髪染めを持ち込んで染めてくれる美容院もあるようですね。 白髪染めにはクリーム状や泡状、液状のものなどがありますが、私は髪の量が多く長さもあるので、使いやすい泡状のものを使っています。いくつか使ってみた中で、シエロのムースカラーについてご紹介してみます。

シエロのムースカラーは藤原紀香さんのコマーシャルでおなじみですね。私もあのコマーシャルにつられて買ってみました。黄色い箱も、明るい感じで目を引きます。残った分は取り置き出来て、次回に使えるというのも嬉しいです。

使ってみると、きめ細やかな泡で確かに使いやすく、自分ではやりにくい頭の後ろも塗りやすかったです。ただ、泡がすぐに消えてしまうのは残念でした。塗ってから放置している間も、頭皮が少しヒリヒリしてきたのが気になりました。

洗い流してシャンプーし、ドライヤーで乾かした後の髪の毛は、指通りの悪さを感じました。放置しているときの頭皮のヒリヒリや、染めたあとの髪の状態から、ちょっと刺激が強過ぎるのかなという印象を持ちました。

一番残念だったのは、あまりよく染まらなかったことです。私は「3番」を使ったのですが、白髪の部分にあまり色が入らず、うっすら赤く染まったという感じで、あまり満足出来ませんでした。

塗りやすかった!ムースタイプの白髪染め

私が愛用している白髪染めはシエロ ムースカラーです。今使っているのはライトブラウンですが、色は時々変えています。以前は同じシリーズのクリームタイプで、プッシュして2種の薬剤を専用ブラシに取ってから髪に塗ってゆくものを使用していました。そちらもよかったのですが、ムースカラーのほうが更に手軽に使えます。

私は根元や生え際の、白髪が目立つところだけに部分染めをすることがほとんどです。髪全体を自分で染めることは無いので、使い切りではなく、使いたい分だけの使用が可能で、残った白髪染め剤を次回使うときまで取り置きできる製品であることが、セレクトする際の欠かせない条件です。シエロのムースカラーは、残った分は取り置きできるので、とても助かっています。

この点は、クリームタイプも同じなのですが、ムースカラーだと染め終わった後の片付けがカンタン!使い捨ての手袋をはめてから手にムースを取って塗るので、手袋を捨てるだけで終わりますから。クリームタイプだと、ブラシを洗ったり、クリームが出てくる容器の口の部分を取り外し、中に水を通してきれいに洗い流さなければなりませんでした。家庭でおこなうヘアカラーは、お手軽・お気軽が何より重要だと思っているので、このポイントは高いです。

染め上がりに関しても、満足の行く仕上がりだと思います。もともとシエロの製品を使っていたこともあるので、白髪の染まり具合に不安は持っていませんでした。塗りにくい生え際は、指先に少量のムースを取って、丁寧に乗せるようにします。どちらかというと敏感肌ですが、お肌のトラブルが起きたこともありませんし。私は頭の後ろの見えないあたりを塗るときに、合わせ鏡をしないまま、感を頼りに作業しているのです。それでも白髪はちゃんと染まってくれています。

このシエロ ムースカラーで白髪を染めたあとの髪のコンディションについてですが、これにも別に不満はありません。ただ、シエロしか使ったことがないため、他のメーカーの使い心地や仕上がりについての知識がないのです。シエロに満足しているので、今のところは替えるつもりもありません。他の製品にも興味はあるのですが、私は肌が丈夫ではないので、新しい製品を使い始める前にはパッチテストをしなければなりません。これが面倒ですし、シエロのムースカラーに満足しているので、これからも使い続けるつもりです。

シエロのムースカラーでセルフ白髪染め♪

私は30歳を過ぎて出産したのですが、出産後から白髪が少しずつ目立ち始めました。最初のうちは白髪の数は数えられるほどだったので、良くないとは思いつつも毎回抜いていたんです。ところがだんだんと、さらに白髪が目立つようになってきてしまい、いよいよ白髪染めデビューだな〜と思っていました。

ドラッグストアを覗いてみると、白髪染めの種類がとにかく多くて、しかも昔の印象よりもおしゃれな感じになっていてびっくりしました。白髪染めと言うとちょっとおばさん臭い感じがしていたのですが、これならば恥ずかしがらずに買えると思いました。たくさんある中から色々と比較して見てみましたが、自宅でのセルフカラーなら、手軽な泡タイプが良さそうだと考えました。泡タイプの白髪染めだけでもけっこう種類があって迷いましたが、どれも大差がなさそうだったので、パッケージの見た目でシエロのムースカラーを選んでみました。

今までヘアカラーというと、1剤と2剤を混ぜるタイプしか使用したことがなく、ムースタイプは初めてでした。ムースタイプだと、混ぜる必要がないことと、余った薬剤をとっておけるというのがとても便利で良いと思います。使い方も簡単で、きめ細かい泡なので隅々まで広がってムラなく染めることができました。白髪染めと言うと臭いがキツいものを想像していましたが、思ったより香りも穏やかでキツすぎず、快適に使えました。

硬くて多い髪は染まりづらいと聞いていたので、気持ち明るめのカラーを選んだのが当たりでした。もし暗めのカラーだったら、かなり重たい印象になってしまったと思います。剛毛なので、待ち時間は少し長めに30分以上にしてみました。簡単なのに染め上がりはとてもキレイでした。高いお金を払って美容院に染めに行くのがもったいなくなるほど、シエロのムースカラーの染め上がりには満足しました。

ただ、ムースカラーで白髪染めをした後は、やはり髪の痛みが気になります。指通りが悪くなって、パサつきが出てしまいますね。そのため、普段はシャンプー&コンディショナーしか使用しない私ですが、ムースカラーの後はオイルトリートメントをしています。トリートメントをしっかりすれば、それほど傷みは気にならないかな〜と思いますよ。

少し赤みが出たりもしますが、比較的色持ちもよく、満足できる仕上がりでした。ちなみに口コミでは、1本でセミロングを3回染められてコスパ最高!というのを見て期待していましたが、私の場合は毛量が多いせいか、1本で1回染めて少し残るといった感じでした。しばらくすると生え際の白髪が目立ってくるので、残りの分は生え際の部分染めに使っています。シエロのムースカラーは、残った分を取っておけるので便利です。中途半端に残っても、次回の部分染めなどに回せるので助かっています。

どうして白髪になる? 白髪になる理由 続き 全体染めと部分染め


Copyright © シエロのムースカラー 体験談 All rights reserved